Copyright (C) 2018 GumptionLLC. All Rights Reserved.

猪骨ラーメン

〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦 5516

1538, Miyaura, Omisima-cho, Imabari-shi, Ehime​

​E-MAIL shishikotsu@gmail.com

 

開発STORY

■ 吉井涼(よしいりょう)

 

 東京でサラリーマンをしていたが、30歳をすぎて自給自足の必要性を強く感じ、2015年4月に瀬戸内海に浮かぶ大三島(おおみしま/愛媛県今治市)に「地域おこし協力隊」として妻と移住。

 もともと夫婦で狩猟免許をもっており、イノシシの活用に興味があったが、島にラーメン専門店がなかったことをキッカケに「猪骨(ししこつ)ラーメン」を開発。現在は主にイベントで活動中だが、常時稼働できる店舗を構えるべく奔走中。

自給自足、そして猟師を目指して

東京のサラリーマンから瀬戸内の島へ

 いま思えば恥ずかしい話なのですが――、私は、東日本大震災という未曽有の危機に遭遇するまで「食糧はどこに行ってもお金さえ払えば手に入るもの」と信じていました。

ところが東京でも、震災直後は物流が止まった影響で、店頭から食料品が品薄状態に。そのときに初めて、「買う」という選択肢でしか食糧を調達できない、という現実を実感させられました。それまでは想像すらしたことなかった無力感でした。

 

 人間だって生き物です。自分で食べる物くらいある程度は自力で何とかしないと、と思い始めていろいろと調べている中で急浮上してきた選択肢が「狩猟」。動物を育てるのではなく、野生のものを獲って食べるというスタイルです。

 

 狩猟を行うためには免許や銃を持つための許認可やら面倒な手続きが必要でしたが、それは半年ほど時間をかけて何とか散弾銃もGET。

 

 「いざ、猟師の道へ」と思いきや……。

 

 関東圏で捕獲されるイノシシやシカは放射能が生物濃縮されてほとんどが食べられない値になっているとのこと。う~ん……、では、他の土地に引っ越そうか……? 私は長崎の出身なので、暖かい土地のほうが性に合ってます。「どうせ行くなら島がイイかも」とこのとき思い始めました。

「会社員として金を稼ぐ能力」「生物として食糧を調達できる能力」

 という判断基準で思い切って脱サラ

 東京のど真ん中、東京駅直結のビルのオフィスから環境は180度心機一転、瀬戸内海のど真ん中、海にも山にも気候にも恵まれた瀬戸内の島で猟師を目指して移住。引っ越し早々より、地元のイノシシを捕獲・活用している団体「しまなみイノシシ活用隊」に声をかけていただき、猟師修行も兼ねて出入りさせていただくことになりました。

 

 そこで改めて食べたイノシシ肉の美味しいこと! 嫌な臭みは全く無く、赤身に滋養が感じられ、脂身にはイベリコ豚をも髣髴とさせる高級感漾う味わいでした。「こんなに上質な肉に付く骨のエキスは、さぞかし美味しいものに違いない!」と思いきや、現状では用途が見えずに山の中に埋設処理されている始末。

 

 その打開策としてひらめいたのが、ラーメンでした。

 

 「豚骨スープと同様の手法で抽出すれば、案外美味しいのでは?」という安直な思いつきからスタートしました。加えて、大三島には有名な「大山祇(おおやまづみ)神社」があって観光客でそれなりに賑わっているものの、ラーメン専門店がありません。どんなに人気のない駅で降りても必ずラーメン屋を見かける関東にいた人間としては軽くカルチャーショックでした。

 「誰もやる人がいないのであれば、私がやろう。どうせなら地域の特産品になるぐらいのクオリティを目指そう!」と考えて試行錯誤を繰り返し、平成27年度には約600食を試作。その研究の成果が、今の「猪骨(ししこつ)ラーメン」なのです。

 

実は、店舗はまだありません!

皆さんと共に作っていくプロジェクトの過程もお楽しみください(^^)

猪骨ラーメン初体験(!)で興奮気味のお友だち連れ。

お正月に道の駅に出店しました。

大山祇(おおやまづみ)神社の参道にある「みんなの家」。

イベントではたくさんの方に味わっていただきました。

屋台では、イノシシの頭骨がお出迎え。お正月の飾り付けで、皆さんに福が訪れますように。

女性やお子さんにも好評で、ツルツルっと完食(^0^)

 ありがたいことに皆さんのご協力や要請もあって、東京や福岡、広島でもイベント出店。ラーメン好きの男性はもちろん、女性やお子さんからも「スープまでごくごく飲める!」「イノシシってこんなに美味しいんですね」など喜びの声をいただいております。

 

 実は店舗はまだなく、イベントのみのご提供となっております。皆さんに一番喜んでいただけるのはどんなお店か? など皆さんと共に作り上げていく予定ですので、「お店ができるまでのプロジェクト」としても楽しんでいただければと思います(^^)

 

 猪骨ラーメンには、大三島産の無農薬レモン、伯方の塩など、島の宝がいっぱい詰まっています。この一杯を皆さんにもお届けすべく、精進していきますので何卒よろしくお願いいたします!

 

吉井 涼